メニエール病とは

  1. ホーム
  2. メニエール病とは

メニエール病とは

耳鳴り・めまい・難聴など
ひどい時には激しい回転性のめまいや嘔吐することも

メニエール病は、特徴として内耳が原因で激しい回転性のめまいや吐き気をおこし、繰り返し発症する病気です。

内耳は耳の奥にある聴覚を司る器官です。蝸牛とバランスを司る前庭から成り立っており、前庭は三半規管・卵形嚢・球形嚢からなっています。
これらは軟らかい器官で蝸牛にはリンパ液が入っており、振動で揺れたリンパ液の動きを有毛細胞が電気信号として蝸牛神経に伝えて、つぎに大脳へと伝えられます。
大脳の聴覚を司る部分に送られた電気信号を処理し、耳は音が聞こえたと判断できます。
卵形嚢と球形嚢は、遠心力・重力・直線条項の動きを感知する場所で三半規管は回転性の動きを感知します。

原因

首の筋肉が左右アンバランス
三半規管の圧迫や血液・リンパ液の流れが悪化

メニエール病の直接の原因として、内耳が内リンパ水腫を起こして内圧が上がるためです。
また、首の筋肉が左右アンバランスになったり、耳たぶの下の奥に委縮して三半規管の圧迫や血液、リンパ液の流れを悪くして症状が引き起こされます。
この根本的な原因はわかっていませんが、アレルギー・血液不全・ウィルス・免疫の低下・ストレスなどのさまざまな原因があると言われていますが、はっきりとしたことはわかっていません。
先進国に多い病気ですので、ストレスが大きく関わっているのではないかといわれており、内耳がもともと弱い部位にストレスが加わり、メニエール病が発症するのではないかと考えられています。

検査

首の骨の位置が正しいか
首の骨の筋肉がスムーズに動くか

高津式腱・筋療法では、施術台に仰向けに寝ていただいて、首の骨の位置が正しい所にあるかどうか確認します。
頭を左右に動かして、首の骨や筋肉がスムーズに動くかどうか調べます。

メニエール病の疑いがある場合は、メニエール病に対する施術を行っていきます。

PAGE TOP